エージェントの手動アップデート方法

MR-EP(Webroot)はエージェントの新バージョンリリース後、順次自動アップデートしていくスローロールアウト方式を取っております。

手動でのアップデートを行う場合は、以下の方法があります。

【Webコンソールからのアップデート】
1、Webコンソールにログイン
2、エンドポイントプロテクション > グループの管理タブで、対象のPCを選択します
3、エージェントコマンド > 詳細 > カスタマーサポートスクリプトの実行 をクリック
4、URLに https://anywhere.webrootcloudav.com/zerol/wsasme.exe と入力
5、ダウンロードして実行 をクリック
※クライアント側では定期ポーリング、PC再起動等のタイミングでアップデートされます。

【クライアント側での手動アップデート(1)】
1、タスクトレイのWebrootアイコン右クリック > コンソールを開く をクリックします
2、コンソール内「マイアカウント」の右側にある設定(歯車)ボタンをクリック します
3、「SecureAnywhere」タブ > ソフトウェアの更新を確認 ボタンをクリックします
4、「更新可能な新規バージョンがあります。この更新を今すぐ適用しますか?」のメッセージが表示されたら「はい」をクリック

【クライアント側での手動アップデート(2)】
1、下記URLから最新版のエージェントをダウンロードします
https://anywhere.webrootcloudav.com/zerol/wsasme.exe
2、ダウンロードしたインストーラをダブルクリックします